small voice

東 美貴子

2017.9.16 - 11.4  金/土/日のみオープン

アルマスGALLERYでは、東美貴子による『small voice』を
9月16日(土)から11月4日(土)まで開催いたします。

前回の個展から4年ぶりとなる今展では、東がこれまで用いてきた緻密なコラージュによる
表現にくわえ、東自身の興味や思考の一端が垣間見える展示となります。

東の制作は、大学で版画を専攻しているときから、常に紙を素材として行われてきました。
印刷の古典技法である版画の様々なテクニックを経たのち、紙にインクをどう刷るのか、
ではなく、既成の印刷物そのものを素材にしたマイクロコラージュとも言うべき技法に行き着き、
現在に至ります。
主に不要になった紙の製品を細かくぶつ切りにして、色の素材として収集し、
像を描く事に使ってゆきますが、そういった本来は破棄され消えてゆくものを使う事自体も、
東の制作においてとても重要な要素となっています。
そうした不要とされるものによって描かれるのは、東の体験に基づいた私的な体験や
私物が中心となっていて、旅行先で拾った貝殻や種、魚の骨や、
窓から入る光によって揺らぐグラスの影など、儚く、風化をたどるであろう物が
モチーフに選ばれています。

今展では、2年にわたり制作されてきた大型の作品を中心に、
アンティークの古本の傷をたどった作品や、
日々書き溜めているドローイングなど多彩な表現による展示となりそうです。
ぜひご高覧いただければ幸いです。

日時:2017年9月16日(土)-11月4日(土) 12:00-19:00 
   金/土/日のみオープンとなります
opening reception 9月16日(土)18:00-20:00

東美貴子 Mikiko AZUMA ____________________________________________________________________

1978年  埼玉県生まれ 、東京在住 
2001年  多摩美術大学 美術学部 版画専攻 卒業

[個展]
2013 「Circulation」 HARMAS GALLERY(東京)
2011 「Flagments of time」 HARMAS GALLERY(東京)
2010 「Galerie Sho Projects〜だいたい2畳の週替わり展〜」 Galerie Sho Conremporary Art(東京)
2005 「smoke soil」アートギャラリー環(東京)
2004 「IMMANENT WORLD」啓祐堂ギャラリー(東京)
2002 「東 美貴子展」アートギャラリー環(東京)

[グループ展]
2016 「GALLERY SHOW」 HARMAS GALLERY(東京)
2004〜2016  「ベクトル展」山脇ギャラリー(東京)
2011  「SHOWCASE SHOW」MEGUMIOGITA Gallery (東京)
2007〜2009  遠州横須賀街道文化展(静岡)
2008  「Galerie Sho Projects Something Sweet 4 Girls」Galerie Sho Conremporary Art(東京)
2008  「Galerie Sho Projects 7人の新人展」Galerie Sho Conremporary Art(東京)
2008  「Works(print+file)展」文房堂ギャラリー(東京)
2005  「reality 2005」元麻布ギャラリーTOYAMA(富山)
2004  「環展・情と感と知と夢と Part1」 アートギャラリー環(東京)
2004  「坂出Artグランプリ展」坂出市民ミュージアム(香川)
2003  「坂出Artグランプリ展」坂出市民ミュージアム(香川)
2003  「環展-ひとのかたち-裸婦五態」 アートギャラリー環(東京)
2002  「Friendlyship Exhibition」 (クルージ/ルーマニア) 
2001  「触鉄展」 ギャラリー遊(東京)
1999  「4人展」 Nakano ZEROギャラリー(東京)
1999  THE 3rd CLUJ MINI-PRINT BIENNIAL (クルージ/ルーマニア) 
1998  「2人展」cafe gallery / BAOBABU(東京) 
1997  「FLEA」千葉大学意匠工学部(千葉) 

[パブリック・コレクション]
町田市立国際版画美術館

次の展示情報をお待ち下さい。