彼女の指先と神話

野村和弘 柴田健治

2018.1.19 - 3.3  金/土/日のみオープン(2月16日、17日、18日は休廊)

アルマスギャラリーは、アートトの共同開催で、
野村和弘と柴田健治による展覧会「彼女の指先と神話」を開催します。

本展は、素材の持つ意味や機能を吟味しながら、作品ごとに表情の違う絵画や
インスタレーションを展開する野村和弘と、手前に張り出す感覚と奥に吸い込まれる感覚が
同時に存在する、不思議な絵画空間を生み出す柴田健治によるコラボレーション展です。

二人の作品に共通するテーマとして、「不確定なもの」が挙げられます。
それは、日の光や温度、風のそよぎなどのように一定ではない状況ですが、
数年先まで計画を立てて日々行うことを確定させ、すべてが動いているように
見える今の社会では、排除されがちな考えといえるのかもしれません。
一方で、「不確定なもの」を積極的に捉えてその意味に向き合うことは、
この時代を背景として、何か見知った世界とは別の、豊かな世界へと通じる道を
探ることになるのではないでしょうか。

野村は、イヤリングやスツールなどによるインスタレーションを展示し、
柴田は、滑らかで鑑賞者の姿さえも映し出す鏡のような絵画を出品します。
個室のようなギャラリー空間で繰り広げられる「不確定なもの」の物語と空間づくりにぜひご期待ください。

 

日時:2018年1月19日(金)- 3月3日(土) 12:00-19:00
金/土/日のみオープンとなります (2月16日、17日、18日は休廊)
opening reception 1月19日(金)18:00-20:00
※ オープニングレセプションでは、藤原大典(美術家)による自作詩の朗読があります。

主催:アルマスギャラリー   企画協力:アートト   協力:タグチファインアート
本展は、アルマスギャラリーとアートトの教育プログラム「キュレーション・プラクティス」が共同で制作しています。

 

野村和弘 Kazuhiro Nomura__________________________________________________
1958年高知県生まれ。
1988年、同大学美術学部油画後期博士課程を満期退学後、
ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生として渡独。
1990年 デュッセルドルフ美術アカデミーにて学位(Meister schueler)取得。
近年の個展に「イヤリングと葡萄」(void+、2017年)や「女性靴とボタン」(Gallery 21yo-j、2017年)がある。
また主なグループ展に 「春を待ちながら ーやがて色づく景色をもとめて」(十和田市現代美術館、2015年)、
「六本木クロッシング2016展 僕の身体あなたの声」(森美術館、2016年)など。

柴田健治 Kenji Shibata____________________________________________________
1971年新潟県生まれ。
1998年、東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了。
近年の主な個展に「Sei Solo」(タグチファインアート、2014年)などがある。
また主なグループ展に「十和田奥入瀬芸術祭 SURVIVE この惑星の時間旅行へ」(十和田市現代美術館、2013年)や
「赤いコルパー」(Time & Style Midtown、2015年)などがある。

次の展示はUpcomingを御覧ください。